健康の始まりは歯科から

皆さんは、どのくらいの頻度で歯科へ行かれるでしょうか。虫歯ができてからでしょうか、それとも歯がうずくようになったら、もしくは虫歯になっても放っておいている方もいるかもしれません。油断は禁物なのです。歯というのは実はものすごく大切な所で、歯の治療を怠った事が原因で様々な病を引き起こしてしまう場合だって容易にあるのです。これは私の知り合いのご婦人のお話です。今から20年程前の事だそうです。何だか歯が痛いようなうずくような、不快な感覚にいながらも、当時はお金にも時間にも余裕がなく、ついつい歯科へ出向くのを忘れていたそうです。するとそのうち、体の不調を訴えるようになったそうです。動悸がしたり、フラフラしたり、貧血かなと思い市販の鉄材を服用しても一向に良くなる兆しがない。そこでいよいよ病院に行くことにしたそうです。内科で診断してもらい、検査の結果「糖尿病です、貴女、歯の治療を怠ったでしょう。貴女の場合は歯から糖尿病になったと結果に出ていますよ」との医師からの報告にビックリしたそうです。誰もが歯からの糖尿病なんて想像しないと思いますが、実際には有り得る話なのです。皆さんも、安易に片づけてしまうのではなく、異変を感じたらすぐに病院へ行かれる事をお勧めします。

指宿温泉 宿泊

シマックス SNS

税理士 堺市 会社設立

ビジネスローン

オイルマッサージ 名古屋